NOと言えない人間

LINEで送る
[`tweetmeme` not found]

なぜ言えないのか?
昔からそうだった気がする。そして逃げてきていた気がする。
嫌われたくないし、人から好かれたいし。
自分の人生は自分でしか決められない、嫌われたっていい。やるんだという思いを持っていても、いざその場になるといい人を演じてしまう。その結果最初は上手くいってるようにみえるが、その後自分を苦しめる。苦しんで苦しんでどうしようもなくなって逃げてしまう。ずっとそうだ。だから仕事、友人、彼女も希薄な関係だ。これを繰り返していくのか?そんなの嫌だ。30年間こうして生きてきたけどこれをこの先繰り返すなんて幸せでもなんでもない。ある人に言われた。迷ったら辛い方を選べと。逃げた方が楽に決まっている。
いきなりノーと言える人間になれるだろうか?本当に怖い。でもそうしないと何も変わらない。環境が変わってもそのままだ。
わかってる、わかりきっている。少しづつ変わらないといけない。変わるんだ。

今日1個食事の誘いをこたわった。会いたい人なんだけれども予定が詰まってて自分がキツイからだ。半分いくの疲れるなーと思い、来週ならという提案をした。メールを送ったあと少し嫌われたりしないかな?とも思った。でもそんな気分で自分が行っても相手も喜ばないし、自分もキツイだけだ。それでもう縁がないようならそこまでだ。
そうしたらすぐに返事を頂いた。来週ならこの日でどうですか?と。
あぁこういうことなんだ。こんな些細な事だけど毎回のように誘われたら行っていた。もう誘われないんじゃないかと思って。
少し勇気は必要だったけどこれで良い方向に向かうことが出来た。そしてそこからも新しい試みをした。これまで基本的に自分がお店選んで場所も聞いたりしていた。場所はどこがいいか?と聞かれいつもはどこへでも行きます!なんて答えていた。今回は違う。お互いの都合のいい場所を上げ、私に都合のいい場合はこっちがお店を選びますと。向こうの都合の良い場合はお店お願いします!と言った。だってそっちのいい場所自分知らないんですもん。食べログで調べたところで多々失敗する。この自分からお願いするというのはとてもハードルが高い。お願いしたら嫌がられないか?とここでも考えてしまう。
そして向こうからはどちらでもいいと答えがきた。こうなった場合いつも相手がどうかを考えてしまう。
私の気分は向こう側の料理だった。ここで自分には新たな一歩だ、そっち行くのでお店をお願いしますと言った。
ここでも思う。こいつこんな奴だっけ?と思われたりしないか、面倒くさいなと思われたりしないかと。
この文章を書いている途中に返信がきた。良さげなお店を紹介してくれた。そこに行くことになりそうだ。

こんな些細な事だけど、自分にとって大きな一歩である。一旦断り、提案をし更にお互いの納得する答えをみつける。
これまでだったら予定を断るという選択があまりなかったからだ。
キッチリと断ることが出来ず、モニョモニョしながら曖昧な返事ばかりしていた。

断って自分が納得したことにより気分がいい。いいお酒が飲めそうだ。

こういう日々を送るんだ。

普通の事なのかもしれない。でもいままで自分はそれが出来なかった。

ミャンマーラウェイがヤバ過ぎる

LINEで送る
[`tweetmeme` not found]

ラウェイ(Lethwei)は、日本ではムエ・カチューア(素手のムエタイ)、ビルマ拳法、バンドー(バンドー空手)、タイでは「ムエ・カーッチュアク」などの名前で知られる格闘技ムエタイに頭突きをプラスし、縄を巻いた拳で行われ、判定がなくKO勝ちしか認められないのが特徴。タイでも時折この形式の試合が行われるがタイの場合は縄を巻く代わりにバンデージで代用される。ミャンマーで現在行われている古式拳闘はすべてこの形式である。

先日横浜文化体育館でキックボクシングの大会があり、ミャンマーラウェイなるものを見てきました。ラウェイのルールは上記の通りで素手のムエタイといった感じでしょうか?なによりも一番凄いのは頭突きがあるということ!これっとってもきけん!

さてその大会に出場したのはラウェイの英雄という触れ込みできた

ソーゴームドー

ソーゴームドー

現地で見てた人はわかると思うんですが、まぁ強そうです。入場の時点であ、この人絶対勝つわ、というのが一気に伝わってくるオーラ。

対戦相手は若手のボクサーかなんかでラウェイは初とのこと。

これが間違いでした。

もうはじまってからというもの、一方的に蹴り、殴り見ていられるものではありませんでした。あんなものテレビで間違いなく流せません。最後は頭突き一発でKO勝ち。対戦相手大丈夫かな?と心配するような感じです。

たしかにかなり衝撃的な光景でしたが、このネットが普及した今でもこういった未知との遭遇というものは少しワクワクするものです。絶対やりたくはないですが、もし、ソーゴームドーなんかが他のルールでやったら見てみたいですね。

ソーゴームドーではないですが、ラウェイの動画です。おっかない!でも世界は広い!

スポーツの動画LIVE配信が盛り上がってきそうだ

LINEで送る
[`tweetmeme` not found]

先日ソフトバンクが発表した、スポナビライブというサービスがはじまった。

スポナビは知っている方も多いと思うが、スポーツに特化したニュースサイトである。スポーツではここがナンバー1だろう。

そこが月額3,000円で動画配信サービスを始めるというのだ。
しかもソフトバンク契約者であればこれが500円になるというとんでもないスキームになっている。

これまで動画配信に関してはNetflixやHuluを始めたとした海外ドラマや、オリジナル動画などの配信がメインであった。

スポーツの動画配信は事LIVE配信となると費用がかかるうえ、アーカイブで見られるほどではないからだ。

しかし、ここ最近LIVE配信であれば他のコンテンツよりも需要があるのでは?という動きから、このスポーツ動画配信というのが盛り上がってきている。

そしてこのスポナビライブの他にもスポーツライブ配信が始まるというのがちらほら聞こえてくる。

今後スポーツ動画配信はどこまで広がっていくのだろうか?特にマニアックなマイナースポーツほど、費用が合えばニッチなファンを獲得できそうな気がする。。。。

スポーツLIVEがテレビ中継で減っているなか、コンテンツの争奪戦がはじまりそうだ。。。。

 

世界の富豪のランキング2016

LINEで送る
[`tweetmeme` not found]

フォーブス世界長者番付・億万長者ランキング 2016年

 

世界
順位
名前 名前(読み) 関連 国籍 年齢 資産
(10億$)
資産
(兆円)
1 Bill Gates ビル・ゲイツ マイクロソフト アメリカ 60 75.0 8.48
2 Amancio Ortega アマンシオ・オルテガ ザラ スペイン 79 67.0 7.57
3 Warren Buffett ウォーレン・バフェット バークシャー・ハサウェイ アメリカ 85 60.8 6.87
4 Carlos Slim Helu カルロス・スリム テレフォノス・デ・メヒコ メキシコ 76 50.0 5.65
5 Jeff Bezos ジェフ・ベゾス アマゾン アメリカ 52 45.2 5.11
6 Mark Zuckerberg マーク・ザッカーバーグ フェイスブック アメリカ 31 44.6 5.04
7 Larry Ellison ラリー・エリソン オラクル アメリカ 71 43.6 4.93
8 Michael Bloomberg マイケル・ブルームバーグ ブルームバーグ アメリカ 74 40.0 4.52
9 Charles Koch チャールズ・コーク コーク・インダストリーズ アメリカ 80 39.6 4.47
9 David Koch デイヴィッド・コーク コーク・インダストリーズ アメリカ 75 39.6 4.47
11 Liliane Bettencourt リリアンヌ・ベッタンクール ロレアル フランス 93 36.1 4.08
12 Larry Page ラリー・ペイジ グーグル アメリカ 42 35.2 3.98
13 Sergey Brin サーゲイ・ブリン グーグル アメリカ 42 34.4 3.89
14 Bernard Arnault ベルナール・アルノー LVMH フランス 67 34.0 3.84
15 Jim Walton ジム・ウォルトン ウォルマート アメリカ 67 33.6 3.80
16 Alice Walton アリス・ウォルトン ウォルマート アメリカ 66 32.3 3.65
17 S. Robson Walton ロブソン・ウォルトン ウォルマート アメリカ 71 31.9 3.60
18 Wang Jianlin 王健林 万達集団 中国 61 28.7 3.24
19 Jorge Paulo Lemann ホルヘ・パウロ・レマン 投資家 ブラジル 76 27.8 3.14
20 Li Ka-shing 李嘉誠 長江集団 香港 87 27.1 3.06
21 Beate Heister & Karl Albrecht Jr. ベアテ・ハイスター&カール・アルブレヒトJr. アルディ ドイツ 25.9 2.93
22 Sheldon Adelson シェルドン・アデルソン ベネチアン アメリカ 82 25.2 2.85
23 George Soros ジョージ・ソロス 投資家 アメリカ 85 24.9 2.81
24 Phil Knight フィル・ナイト ナイキ アメリカ 78 24.4 2.76
25 David Thomson デイヴィッド・トムソン トムソン カナダ 58 23.8 2.69
26 Steve Ballmer スティーブ・バルマー マイクロソフト アメリカ 59 23.5 2.66
27 Forrest Mars, Jr. フォレスト・マース・ジュニア マース アメリカ 84 23.4 2.64
27 Jacqueline Mars ジャクリーン・マース マース アメリカ 76 23.4 2.64
27 John Mars ジョン・マース マース アメリカ 79 23.4 2.64
30 Maria Franca Fissolo マリア・フランカ・フィッソロ ヌテラ イタリア 98 22.1 2.50
31 Lee Shau Kee 李兆基 恒基兆業地產 香港 88 21.5 2.43
32 Stefan Persson ステファン・パーション H&M スウェーデン 68 20.8 2.35
33 Jack Ma ジャック・マー アリババ 中国 51 20.5 2.32
34 Theo Albrecht, Jr. テオ・アルブレヒトJr. アルディ ドイツ 65 20.3 2.29
35 Michael Dell マイケル・デル デル アメリカ 51 19.8 2.24
36 Mukesh Ambani ムケシュ・アンバニ リライアンス・インダストリーズ インド 58 19.3 2.18
37 Leonardo Del Vecchio レオナルド・デル・ヴェッキオ ルックスオティカ イタリア 80 18.7 2.11
38 Susanne Klatten スザンネ・クラッテン BMW ドイツ 53 18.5 2.09
39 Georg Schaeffler ゲオルク・シェフラー シェフラー ドイツ 51 18.1 2.05
40 Paul Allen ポール・アレン マイクロソフト アメリカ 63 17.5 1.98

NO KICK NO LIFE 2016というキックボクシングイベント

LINEで送る
[`tweetmeme` not found]

3/12 大田区総合体育館にて行われたNO KICK NO LIFE 2016というキックボクシングイベントに行ってきました。

私の世代はK-1全盛期であり、テレビ放送で友達と集まってK-1をみたものです。好きな選手といえばブランコ・シカティック、レイ・セフォー、中量級でいうと安廣一哉なんかが好きでしたねー。

それから総合格闘技の台頭があって、その後緩やかに人気が下がっていたように感じてました。また今、テレビ東京でやっている新K-1伝説なんかを見ているとまた盛り上がってきているのかな?といった感じです。

そんななかキックボクシングというフレーズからしばらく離れていたんで選手とかも実はあまりわかっていませんでしたし、肘あり?というものが本来のキックボクシングルールであるということを今回知りました。

で、大会を見てきて思ったのはお。。。。おもしれぇ。。。。後半の試合は特におもしろかったです。選手の事をほとんど知らなかったのにここまで楽しめたスポーツというのは久しぶりですね。やはりスポーツ全般はキャラクタービジネスになってきているのでトップ選手となると闘いだけではなく入場だったり衣装だったりでしっかりと生き様を魅せつけております。

そんな中私がとても印象に残ったのは梅野源治、那須川天心という選手。梅野選手は本場ムエタイでも活躍もしており、日本ムエタイ界の至宝とまで言われているようです。何よりカッコイイんですわ。オラオラとした感じがなんだかゲームのラスボスを感じました。もちろん現在もスターなんですが、きっともっと世間に届いていい選手だと感じました。

もう一人は那須川天心という選手。こちらはなんと高校生。なんですが、うーん言葉では説明できないような圧倒的な魅力をもってます。表情、コメント、試合どれをとってもすごく、神童と言われる意味が理解できます。

テレビではなかなか見ることがなくなったキックボクシングですが、この世界はこの世界でしっかりと生き続けていました。私はもっともっと人気が出て良いのでは?と思ってます。

まぁそれは他のスポーツも一緒なんですけどね。この時代現代人は忙しく、趣味に時間を確保出来なくなってます。現在その取り合いがおきています。そのなかで生き残ったものが勝つ図式です。資金、広告、コンテンツ全てが揃っていないとなかなか戦えません。

キックボクシングを含め、面白いものはもっともっと広げていきたいなぁ。

 

NO KICK NO LIFE 公式サイト
http://nokicknolife.com/

NO KICK NO LIFE Twitter
https://twitter.com/nokicknolife_

 

1人ダッシュ村映画「オデッセイ」のVFXが凄い

LINEで送る
[`tweetmeme` not found]

先日公開された火星ひとりぼっち映画オデッセイを見てきました。
やっぱり宇宙が凄い好きなんですよ。僕の中でも結構上位に入った映画です。
内容にはまったくふれず別のことを。

まずはTwitterのハッシュタグのプロモーションをやっていましたね。
#火星ひとりぼっち
#70億人が彼の還りを待っている
というプロモーションハッシュタグ。
個人的に「火星ひとりぼっち」は好きなんですがネット上では賛否両論だったようです。
タイムラインを追っていくと、このタイトルにも書いてある
「1人ダッシュ村」
という言葉が妙にハマってしまい、見てみたらその通りでした。
火星にTOKIOを置いたらどうなるんだろう?なんてツイートも。
オデッセイはかなりプロモーションやっていたなぁといった印象です。

そして海外ドラマ好きの私にとって嬉しかったのは
ケイト・マーラが出ているじゃありませんか!?
ケヴィン・スペイシー主演のネットフリックスオリジナル「ハウス・オブ・カード」シーズン1
で記者役で出ていましたね。やはり美人だ。

ケイト・マーラ

 

そしてたまたまタイムラインで流れてきたのがこの映画オデッセイのVFXが凄いって話。
うわぁこうなってんのかぁ!すげぇ!となってしまいました。どうやら調べたらYoutube等にいろんな映画のVFXを公開しているみたいですね。う~ん新しい発見でした。さっそく

あ、映画はもちろん面白かったですよ!

 

 

宇宙サバイバル映画『オデッセイ』のVFXの裏側
http://www.kotaku.jp/2016/01/odyssey-vfx-reel.html

MPC The Martian VFX breakdown
https://www.youtube.com/watch?v=5CPbISkPqKk

2.5次元舞台ヴァンガードを見てきた。【初体験】

LINEで送る
[`tweetmeme` not found]

1月5日~11日にAiiA 2.5 Theater Tokyoシアターで開催されていた舞台ヴァンガードを見てきました。

恥ずかしながらこれまで舞台というものをあまり見に行ったことがありませんでした。見た記憶ってのは小学校の時社会科見学でみた「ヘレン・ケラー」と友達に誘われていった「宝塚」。どちらもあまり記憶に残ってません。今宝塚改めてみたいなー。

で最近舞台界隈では2.5次元というものが流行っているとか流行っていないとか。いわゆる3次元であるアニメコンテンツとリアルである2次元の舞台をうまくコラボしたのがこれらしく、龍が如くだったりNARUTO、忍たま乱太郎となどなど様々なアニメが舞台化されているようです。

一番有名なところですとテニスの王子様でしょうか?
でその舞台俳優さん、女優さんがそこでは凄い人気になっているとか。

で見てきました。一言「面白い!」につきます。
正直ヴァンガードというカードゲームが題材ですが、私はあまりこのカードゲームには詳しくありません。ですが、目の前で行われている演者さん達の演技に圧巻でした。目の前で映画を見ているような感じになりました。もっと早く出会っておけばよかった。やはりオリジナルのストーリーとなるとなかなかとっつきにくくなってしまいますが、こういった3次元のものをもってくるというのは成功だったようです。

そんでもっと今度ドラクエの舞台がやるようです。。。。これは見たい。
https://www.j25musical.jp/contents/musical/99/

2.5次元ミュージカル協会
http://www.j25musical.jp/

こんな協会もあるんですね、、しらなかった。。。。
会場であるAiiA 2.5 Theater Tokyoはこの2.5次元ミュージカルの為に期間限定でつくられたようです。※旧渋谷AXの近く

んー今後も面白くなりそうだ。

余談ですがこのヴァンガードの舞台でいいなぁと思ったのが
能條愛未さん <戸倉ミサキ>です。
能條愛未

凄く存在感というかオーラを感じました。

能條愛未公式ブログ
http://blog.nogizaka46.com/ami.noujo/

 

 

 

ローマの休日=千と千尋の神隠しは同じストーリー構成?

LINEで送る
[`tweetmeme` not found]

先日シナリオ、ストーリーの作り方というイベントに参加してきた。
なぜ参加してきたのかというと、商品等をプロデュースするにあたってストーリーが重要だと思っているからだ。
もちろんその商品自体が良いというのは前提の話。その商品を世に出して行きたい時どのように見せたらお客様
に届けられるのか?というのを考えていたからだ。まぁただ興味があった、ってのもあるんですけどね。

なかなか面白かったのでここでまとめる。

シナリオとは・・・完成品ではなく絵を撮るためにあるもの、台本。
シナリオは下記の3つの要素で形成されている
・柱・・・・場所・時間
・ト書き・・・人物の行動、しぐさ表情 映像にうつすもの
・セリフ

これさえあればシナリオを誰でも出来る。
ただし面白くなければ売れるものは出来ない

そしてストーリーのパターンは有限である。
これは23個しかない。映画、アニメ、ドラマを何をとってもこのパターンは変わらない。

ミッションインポッシブル=桃太郎
千と千尋の神隠し=ローマの休日
半沢直樹=カチカチ山

上記のストーリー構成は一緒なのだという。
たとえば千と千尋の神隠しは千という主人公が異世界にいき成長して元の世界に戻るというストーリー
ローマの休日は、オードリー・ヘップバーン演じるお姫様主人公が一般世界(異世界)にいき様々な事を経験して元に戻るストーリー

大まかな本筋は一種である。※ローマの休日みてないのでわかりませんが。
そう私達人間は色々なストーリーを見ていると思っていたがすべてのパターンは23なのだという。
その他の20は僕はまだわかりませんが。。。

ではなぜ、売れる作品、売れない作品があるのか?どこで差がつのか?
それは「キャラクター」だと言う。

キャラクターに惹きつける要因があるかどうかで決まるという。

とこんな感じでシナリオとはどういうものか?というものをちらっとだけ聞くことが出来ました。
特に千と千尋の神隠しとローマの休日はなるほど!と思ってしまったものです。

どんな展開のストーリーであってもキャラクターがなければ売れないということなのだ。
納得です。

面白かった。もっとパターンを知りたいなぁ、、、でも脚本家になりたいわけじゃないのでもうちょっと調べてからかと。

関連リンク

http://ameblo.jp/blog-youstation/entry-11534537710.html

http://s-copy.net/%EF%BF%BC%EF%BF%BC%EF%BF%BC%EF%BF%BC%EF%BF%BC%EF%BF%BC%EF%BF%BC%EF%BF%BCcopy/%E3%82%B7%E3%83%8A%E3%83%AA%E3%82%AA%E4%BD%9C%E6%88%90%E3%81%AE%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%AB%E8%A1%8C%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%8D%E3%81%9F%E8%A9%B1/#23

うまい飯を食うための夢と現実のバランス

LINEで送る
[`tweetmeme` not found]

先日千葉の実家に帰ってきました。
私の実家は千葉県の長柄町というとこで最寄り駅から車でないと帰りません。もちろんネットもつながってません。そんなところでゆっくり静養してきました。

さて今回の「食わず嫌い」をやめたほうがいいというのはこの実家で起こったことです。娯楽がテレビくらいしかないのでボケーっと見ていました。久しぶりにテレビを見ていて金スマが流れてきました。

今回のゲストはEXILE。昔は聞いていたけど今はなんだか聞かなくなってしまったなぁと思いながら番組を鑑賞。

EXILEの初期メンバーが卒業することになり、EXILEを立ち上げた時からのドキュメンタリーのような番組。この立ち上げた人たちはものすごい苦労をしながらここまで這い上がってきたのを見て、最後には思わず泣いてしまいました。本当に下積みの頃からの映像があって現実と夢が入り混じっている内容でした。

特にかつてリーダーだったHIROさんの
「うまい飯を食べるために」というフレーズはとても印象深かったです。

夢の部分を見つつも現実を見なければ食べていけない。そのバランスこそが重要ということを感じました。これを聞くとEXILEの凄さというものを感じることが出来ました。

いつまでも成長し続けるグループなんてない。
それでも5年後、10年後どうするか?というを考えつつ行動する。

本当にこの人達は凄いなと。夢を見ることも大切だし、現実を考えることも大切。うまい飯を食うためにどうするかを考えて行きたいと思います。

 

 

今年のテーマは実行

LINEで送る
[`tweetmeme` not found]

今年を振り返ってみると「安定」の年だったと言える。
逆に言うと特になにもない、挑戦をしなかった1年だった。

新しい事と言えば初めて海外にいったくらいである。
手帳を見て振り返ってみたのだが、まぁのらりくらしとした一年だった。

今年あらたに得たことは
・海外1人旅の経験
・美味しい店を行脚
・大手会社との仕事

くらいだろう。それぐらいしか印象に残っていない。

上3つのことなんか、その気になれば1ヶ月あたりでどうにかなる。
大手会社との仕事なんて看板がでかいだけで別に普通だった。
たくさんの仕事をやったつもりだった。しびれる企画もやったつもりだったがまだまだ足りないようだ。

今年のテーマは「実行」だ。
あれこれ考えず思ったことをやる。即やるという一年にする。
実行したことはここにどんどんアウトプットしていこう。

今年も宜しくお願いします。

世の中そんなに自分には興味はない

LINEで送る
[`tweetmeme` not found]

今年も一年が終わろうとしている。
今年は何が出来たかなとふと振り返ってみた。

私は今年で30歳になった。
これまでいろんな仕事をしてきた。毎年新しい事、難しい事にぶつかった。
26歳でフリーとして独立した。27歳でエンタメ系に入った。web系から転職してきた自分にとって
すべてが新鮮だった。広告というものに出会った。
恥ずかしながらこれまでそんなに広告に深い理解はなかった。
うってきた広告なんてFB広告をちょっとくらいだ。ほんと10万とか。
この会社に入って何億円という広告を見てきた。これは本当に勉強になった。

二年目はまだまだ新しい事があった。新しい舞台にも立つことが出来た。
はじめは吐きそうになったくらい緊張した東京ドームショーのステージもこなすことが出来た。
そして部署が変わったたり変化もあったし、新たな仕事があった。

今年は3年目だった。二年目の自分と何が変わっただろうか?
何が出来ただだろうか?もちろん仕事は日々こなしているし、新しい案件もある。
なかにはかなり盛り上がった案件もあった。

でも自分のなかで何か変わったのだろうか?
そう何も変わってなかった。あぁこのままじゃ駄目だと思った。

先日新しい半歩を踏み出した。自分にとってはかなり大きな半歩だったが踏み出してみたら
そこから先は新しい景色が広がってきた。
あぁそうだ。昔は別に難しい事を考えず踏み出してきた。
今年はなんだか踏み出すことを恐れて半歩すら歩けてなかった。

当たり前なんだけど、モヤモヤしているなら動こう。
良いと思ったらやろう。

そんな単純な事なのに難しく考えていた気がする。
死ぬわけじゃないんだから。もっとシンプルに行こう。

先日ある本を読んだらこんな事が書いてあった。
「世の中の人はそんなにあなたの事を考えていない」
って。その通りだ。みんな私の事を考えているわけじゃない。
嫌な事があったって、少し悪口いうくらいだ。そんなのに振り回されてはいけない。
自分も含めて考えすぎな一年だった。

もっと誠実に正直に生きよう。

海外ドラマ「ベター・コール・ソウル」とシナモンロール店「シナボン」とコラボ

LINEで送る
[`tweetmeme` not found]

海外ドラマばっかり見ている私ですが、もちろんブレイキング・バッドは見たし、そのスピンオフとしてネットフリックスで配信されている「ベター・コール・ソウル」ももちろん見ました。

ベター・コール・ソウル
http://bd-dvd.sonypictures.jp/bettercallsaul/

「ソウルに電話しよう!」――今度の主役はあのCMでお馴染み、うさん臭さ純度100%を誇る弁護士ソウル・グッドマン。彼は、いかにして“弁護士の常識”を脱ぎ捨てることになったのか?そこには家族や犯罪者(!?)、そしてかけがえのない親友とのドラマがあった…。ファン感涙の人気キャラクターが続々と再登場!「ブレイキング・バッド」へと続く伏線ギッシリで贈る“至高のボーナス・ステージ”が今、始まる!!

ネットフリックスが日本上陸と同時に配信されていたので、もちろんみましたよ。これまたブレイキング・バッドとは違った面白さがあるし、ソウルの人間臭さが出ている素晴らしいドラマです。なぜ彼があんな胡散臭い弁護士になったのか?がわかる気がします。

ドラマはこの辺にしておいて、先日このドラマとシナモンロールの店「シナボン」とコラボを実施することが発表されました。

大ヒットドラマ『ベター・コール・ソウル』と人気ベーカリーカフェ、シナボンの融合!
http://dramanavi.net/staff/2015/12/028898.php

私が入ったのは六本木店。シナボンはほんとに好きで六本木で打ち合わせの合間なんかに入ったりして休憩してました。まぁシナボンのシナモンロールは歯がとろけるほど甘いです。だからいいんですけどね。

ぜひ1回食べてみてください。

詳細は以下から。

<『ベター・コール・ソウル』シーズン1 ブルーレイ&DVD発売記念パネル展>
【期間】12月3日(木)~12月16日(水)
【場所】シナボン六本木店 店内(港区六本木6丁目5番18号 六本木センタービル(月~金 8:00~22:00/土 10:00~22:00/日・祝 10:00~20:30)

<『ベター・コール・ソウル』オリジナルクリアファイルプレゼント>
【期間】12月3日(木)~12月16日(水)
【対象店舗】シナボン全店(六本木店、原宿店、二子玉川ライズS.C.店、コクーンシティ店、アトレ吉祥寺店、羽田空港店、東京駅店)
【対象者】期間中、一度の会計で1,500円以上お買い上げの方 ※各店舗、配布予定枚数に達し次第終了

 

ちょっとコラボについて書きます。仕事柄様々なコラボ案件に携わることがあります。

今回のこのドラマと店のコラボは良いコラボだと思ってます。数字がわからないので成功かどうかは判断出来ませんがすくなくとも意味のあるコラボだと私は思います。

それは一言でいうと唐突感がないからです。

ブレイキング・バッドのコアファンの方なら、シナボンがドラマに出てきたことを知っているはずですし、シナボンはアメリカのお店です。海外ドラマ好きにとって拒否する理由はないし、シナボンのお客さんにとってはベター・コール・ソウルを知る、興味がわくいいきっかけになるからです。極端なことを言うと、こらがNHKの大河ドラマとかだったらいかにもミスマッチですよね?

結構世の中では意味の分からないコラボだったり、タイアップがかなりあります。あまり名前を出したくないのであれですが、それって本当にファンが喜んでいるのか?またはそれはファンにマッチしているのか?っていうのを必ず考えたほうがいいです。

いくら相手の知名度が高かったりとか、金額がいいとかで決め手はいけません。それがそのコンテンツの為に長い目で見たときなるか?が重要だと思ってます。

 

 

 

 

 

[海外ドラマ]THE 100(ハンドレッド)シーズン2 NETFLIXで視聴

LINEで送る
[`tweetmeme` not found]

海外ドラマばかりみている僕です。
最近ですとライ・トゥ・ミーとかを見てたんですがやはりサスペンスとかFBIとかこういうのはなかなか疲れてくるのでちょっと違うのが見たいなぁと思いふとこのTHE100を一話見てみたところこれはワクワクする設定。あらすじは以下です。

———————————————————————–
核戦争によって地球が滅び、宇宙に逃げだした人類が、100年の時を超えて地球に帰還する。
降り立ったのは若き100人の男女たち。危険が蔓延る荒れ果てた地球で、様々な危険と戦う壮絶なサバイバルアクション。
———————————————————————–

この100人の男女というは20歳以下の犯罪者たちでおまえら悪いことしたし、地球いって調べてこいや!
って話です。この20歳以下の男女がおりなすドラマってのがポイントで大人だったら起こりえないことが平気でおこります。それも含めて面白いですし続きが気になります。

先日シーズン2がネットフリックスでも配信されてたので見たんですがまぁこれがシーズン1の倍以上面白い展開。えーー!って画面の前で言ってしまう場面が何度もありました。ぜひご覧あれ。
ちなみにシーズン3の制作が決定してて2016年10月とかにアメリカで公開らしいです。待ち遠しい
イチオシの出演者はオクターヴィア
マリー・アヴゲロプロスが演じているのですが、個人的にめちゃくちゃ可愛いのにめちゃくちゃ強いです。

オクタヴィアマリー・アヴゲロプロス
Twitter
https://twitter.com/iamAvgeropoulos
公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/kaidora/the-100/

12/6新木場スタジオコーストにて開催されたスカルマニアにいってきました!

LINEで送る
[`tweetmeme` not found]

スカルマニアに参戦。

こちらのイベントはファッションブランドSkullshitが主催するエンターテイメントイベント。

skullshitwebサイト
http://www.darkplot.com/shopping/skullshit/
スカルマニア

さてさて出演バンドはこちら
出演アーティスト
LIVE ACT :
ACIDMAN
Dragon Ash
girugamesh
MY FIRST STORY
ROTTENGRAFFTY
SUPER BEAVER

これは豪華なメンツ。そして私の青春でもあるドラゴンアッシュが見れるのはなんとも嬉しい。

MY FIRST STORY

初めて見たバンドなんですが、勢いがあってカッコイイバンド。

公式サイト
http://myfirststory.net/alone/

ボーカルの方の声が印象的。私の好みです。

SUPER BEAVER

日本の音楽、ジャパニーズポップを突き進むでいるバンド
ボーカルのトークはとても引き込まれそうになりました。


公式サイト
http://super-beaver.com/

 

girugamesh

こちらは初見のバンド。元々ビジュアル系と聞いていたのですが、かなりスタイリッシュ。デスボイスが曲に入っていたのですが、すごくカッコイイ声でした。ピコピコ要素もありかなり気に入りました。あとロゴがカッコイイ。

公式サイト
http://www.girugamesh.jp/jp/

ACIDMAN

もはや大御所といってもいいくらい。しょっぱなから「造花が笑う」を聞いたときはかなりテンション上がりました。ACIDMANのトークも面白くてひとはいつか絶対死ぬというフレーズがとても頭に残りました

公式サイト
http://acidman.jp/content/

Dragon Ash

これを見に来たんですよ。高校生の時死ぬほど聞いたバンド。最近の曲をあまり知らなかったんですが、それでもその圧倒的なオーラ、完成度は凄いなと実感。あとkjはカッコイイ

何よりも生でFANTASISTAを聞けたのが本当によかった。あと百合の咲く場所ではやっぱいい曲だー。

公式サイト
http://www.dragonash.co.jp/

ROTTENGRAFFTY

この日のトリを務めたのこのバンド。実は私は名前は知っていましたが一曲も聞いたことがありませんでした。これがこの日の一番の発見です。好みの問題ですが、僕にはドンピシャでハマりました。これは聞いてほしい。

公式サイト
http://rotten-g.com/

 

久しぶりにフェスっぽいライブに行ってきました。色々なバンドを見れて良かったんですが、なによりも新しい発見が出来たというのが良かったです。なかなか毎日のやることに追われていると様々なことで新しい出会いというのはありません。またいろいろなところにいって発信していきたいと認識した日でした。

 

 

 

AfreecaTV(アフリカTV)って韓国のネット配信サービスのこと

LINEで送る
[`tweetmeme` not found]

最近お客さんと打ち合わせしてて雑談の中で出てきたキーワード。

AfreecaTV(アフリカTV)ってのを初めて聞きました。
2014年に日本に進出してきた韓国のネット動画配信サービス。

日本でいうところのニコニコ動画とかツイキャスに近いものらしいです。
へぇー、でなんでそれが盛り上がってるんですか?という話を聞きました。

・いわゆる生主的な人は(BJ=ブロードキャストジョッキー)と呼ばれ年収数千万も夢ではない。
・星風船というシステムが秀逸。現金をあげているようなもの
・視聴者側にもランク付けがあり競争を煽る。

といったところで韓国では大いに盛り上がっているようです。
過激なシステムだなと感じました。

下記に日本上陸のニュースが!
韓国のネット配信サービス「アフリカTV」が日本本格始動 年収1千万円以上を稼ぐ配信者も
http://nikkan-spa.jp/639476

うーんキレイな子も多いですねw

今のところニコニコのほうがまだまだ母数が大きいですが、流行る可能性もありえますね。

 

 

インターステラーを鑑賞

LINEで送る
[`tweetmeme` not found]

ずっと見たかった映画インターステラーを鑑賞しました。
これはまだどのネットサービスにも配信されていないようなのでレンタルをしてきました。

かなり面白かったです。
監督はクリストファー・ノーラン。
いろんな作品を手がけてますが個人的にはインセプションの監督といった感じです。

内容は必ずワクワクしますのでオススメです。難しい言葉もかなり出てきますが宇宙とかそういったたぐいのものが好きな方は
あぁ、やっぱりこういう未知のものっていいなぁと思います。そしてかなり理にかなってますので近い将来こうなって欲しいです。

この映画なんですがマーケティングにかなり力を入れておりgoogleと提携して販促を行ったようです。
ゲームだったり、アプリ的なコンテンツが公式サイトにかなりあったので反響も大きいでしょう。
今年の映画でプロモーションが秀逸だなぁと思ったのはジュラシックワールドですが、それに負けない
世界観を作り上げている気がします。

映画インターステラー公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/interstellar/

 

 

新宿3丁目で1回目の食事に使える371BAR

LINEで送る
[`tweetmeme` not found]

はじめて女性とご飯を食べにいくことになって迷った時にここならオススメです。初めての食事では店のチョイスが大事になってきますね。

あまりかしこまったところは連れていけないし、かといってチェーン点的居酒屋なんて行きたくない。そんあ微妙なバランスの中ちょうどいいなぁと思ったのが個々です。

ぱっと見はオシャレな感じで中もなかなかいい雰囲気です。ただし結構ガヤガヤしており、そこまでかしこまった感じはしません。とってもフランクな感じです。

料理も美味しいですし、ワインも結構あります。店員さんもすごく丁寧で気分のいいお店です。

私にとってはちょうどいいバランスのお店です。
もちろん男同士でも女同士でも全然いけます!

お試しあれ!

 

371BAR 新宿

 

 

 

店舗基本情報

店名

371 BAR

ジャンル バル・バール、ビストロ、ラウンジ
TEL・予約

050-5571-7842 (予約専用番号)

03-3353-0371 (お問い合わせ専用番号)

※お問い合わせの際は「”食べログ”を見た」とお伝えください。

予約可

住所 東京都新宿区新宿3-7-1 1F

交通手段 地下鉄新宿三丁目駅C3出口 徒歩30秒

新宿三丁目駅から184m

営業時間 モーニングビュッフェ
7:00~10:00
ランチ&カフェ
11:30~17:00
バルタイム
17:00~28:30

朝食営業、ランチ営業、夜10時以降入店可、夜12時以降入店可、日曜営業

定休日 年中無休
予算(お店より)

[夜]¥3,000~¥3,999[昼]¥1,000~¥1,999

予算(ユーザーより)

[夜]¥5,000~¥5,999[昼]¥1,000~¥1,999

実際にお店へ行った人が使った金額です。 予算分布を見る

カード
サービス料・チャージ NoCharge, NoTax

スクール・オブ・ロックをAmazonプライムビデオで視聴

LINEで送る
[`tweetmeme` not found]

だいぶ前から見たい見たいと思っていたスクールオブロック。
Amazonがプライム会員向けに始めたサービスプライムビデオで見ることが出来ました。月額300円ちょいなのにこんだけ映画見れてしまうのは反則だと思ってます。

ますますNetflixやHULUはコンテンツの充実が大事になってきますね。
Netflixはオリジナルコンテンツがかなりクオリティが高いのでいいんですが、Huluはウォーキング・デッドなくなったらなかなかきついなぁと。僕も解約してしまいましたので。

で、移動中にスクールオブロックを鑑賞。Amazonプライムビデオはダウンロードしておけるので無駄な通信量を使わなくていいのでたすかります。

ギタリストのデューイはロックを全身全霊で愛する男だったが、その熱すぎる情熱と勝手なパフォーマンスが原因でバンドをクビになってしまう。家に戻れば、同居している友人ネッドとそのガールフレンドから家賃を払うように言われ、進退窮まってしまう。そんな時、ネッドあてに私立学校の臨時教師の話が舞い込み、仕事が欲しかったデューイはネッドになりすまして名門ホレス・グリーン学院へと向かう。

もともと仕事などする気のない彼だったが、厳格な規律の多い学校で過ごす子供たちが無気力な事に気がつき、さらに担任したクラスの子供たちに音楽の才能があることも見つけ、子供たちとバンドを組んでバンドバトルに出場することを思いつく。

そして、授業と称して子供たちにロックのあらゆることを教え始める。最初は困惑していた子供たちだったが、やがてデューイの陽気な人柄やロックの開放感、ありのままの自分を認めてくれるデューイに魅力を感じはじめ、一緒にバンドバトルを目指して猛練習を始める。

上記がストーリー。ロックファンならおお!となる部分が多々ありますのでかなり熱くなりますよ!

ストーリーも秀逸で子供バンドがめちゃくちゃカッコイイです。
あぁ音楽っていいなぁ

そんな映画です。

 

 

『イエスマン “YES”は人生のパスワード』をNetflixで視聴

LINEで送る
[`tweetmeme` not found]

ネットフリックスヘビーユーザーでございます。

最近はTHE100がお気に入り。

ただ海外ドラマというのはサスペンスだったり、SF的なものがどうしても多くたまにさくっと見れるコメディ等がほしくなります。

そんな時にたまたま見たのが
『イエスマン “YES”は人生のパスワード』
ジム・キャリー主演のコメディ?映画。

いつもいつもプライベートでも仕事でも答えは「NO」だった男カール・アレンが、「イエス」といえば彼の人生がすべて変わると怪しげなセミナーで言われ、挑むはめになる。 そして、カールの人生は急展開を迎える。

ネガティブ野郎が何にでもイエスと答える映画。もちろんイエスと答えることによっていいことも悪いことも起こっていく。

映画としてはとても面白いです。

それよりも考えさせられるのはイエスと答えることによって何かが起こるということ。たしかにこんなものにイエスとは答えられないというのはあるんですが、NOと答えてしまうと何も起こりません。

現状を変えたい。なにか刺激が欲しいという時にはイエスと答えることも重要なのでは?と思いました。

 

今のところ今年一番笑ったので新宿二丁目のゲイバーだったってこと

LINEで送る
[`tweetmeme` not found]

この前友人に連れられ新宿にあるゲイバーにいってきた。
いわゆる”二丁目”と呼ばれるエリア。

女の子の友達だったので少し安心をしつつまずはキャバクラと同様同伴のシステムがあるらしく、居酒屋でご飯を食べてからお店に移動。

東京に住んで2年以上たつがゲイと一緒にご飯を食べたのはこれが初めてだ。そしてかなり緊張していた。

どうもはじめまして!なんて挨拶していると、
「ちょっと、緊張しすぎー!」なんてオネェ言葉使いながら話しが弾む。

さすがこの世界にいる人はトークは上手いなぁと思いつつお酒を飲む。
ちなみに見た目は普通にカッコ良かった。笑

その後一緒にタクシーでお店へ。店内は本当にキャバクラのような作りになっており、どんどん周りにゲイの方々が座ってくる。

そこからはもう笑いがとまらなかった。
正直、キャバクラの比じゃなかった。良く言うなら完全にエンターテイメントが出来上がってた。まるでアトラクションに参加しているようなそんな気分。シモネタもガンガン話すが、まったく不快な感じがしない。久しぶりに涙がでるほど笑った夜だった。

帰ってみて考えてみる。なんでこの人達はこんなに話が面白いんだろう、そしてなんであんなに楽しかったんだろうと。

いろいろ考えた結果、なんで面白いのか?
それはこの人たちはおもいっきり振り切っているから面白いんだ。
キャバクラのように客との駆け引きもなければ、自分を良く見せようなんて魂胆も見えない。ありのままの自分を出して、それをぶつけているからこんなにも面白いんだ。飛躍しすぎかもしれないけどやはり振り切っている人って面白いんだ、と再確認した。

そしてなんで楽しかったんだろうか考えた。
たぶんだけどなんにも考えなくていい、というか考えさせてくれないくらいの空間を作っているからだ。この振り切った人たちの話を聞いていると自分の悩みとかそんなことがどうでもよくなる。

難しく考えてしまったけどなんだかすっきりした。人間どうなっても生きていけるんじゃないかというくらい元気が出た。みんな眩しかったから。

やっぱり振り切った人間は強い