マーケティング

すべてのジャンルはマニアが潰すに思う絶妙なバランス。

すべてのジャンルはマニアが潰す。

今年もフジロックが終わったらしい。
去年よりも動員は多く盛況におわったとのこと。

ただし一方で今回のフジロックのラインナップ等についていろいろと意見が出ているみたい。

「フジロックの行方」と「すべてのジャンルはマニアが潰す」という話
http://shiba710.hateblo.jp/entry/2015/08/11/084105

これに同感というか思うところがあったのでツイッターに記載した。

 

といった感じだ。

本当にこの絶妙なバランスはとっても難しいし、なによりもこれを継続していくのがもっと難しい。この時代は趣味やエンタメ等が多い、から人々の使う時間というのは限られている。その中で自分たちのコンテンツを大切に育てて行かなくてはならないし、応援してくれるファンは離してはいけない。

という葛藤のなかで運営さん頑張ってください!としか言えないんですどね。

たとえば僕の好きなジャンルで例えるとK-1がそうだった。

かつては競技性を重視しその中でキャラクターをつけていった。

そしテレビの魔力にやられテレビ的になにが受けるか?を作らないといけない状況になってしまった。その結果が本来のコンセプトである「立ち技最強はだれか?」というコンセプトから外れた曙VSボブサップである。

たしかにメディアにはうけたし、話題もとった。しかしその結果どうだろうか?K1は徐々に衰退していった。本来のコンセプトからはずれてしなったからだ。もちろん曙もボブサップも強かったと思う。ただし誰が最強か?というところではない、立ち技のファンはその時は良かったかもしれないが徐々に離れていくわけだ。もちろん普通の最強を求めたK1もあるにはあった。ただメインストリームからは外れてしまったのだ。

このバランスが大事である。もしあれをメインではなくて、前座等の盛り上げる試合としてやっていたなら、コンセプトがずれなければ衰退しなかったのではないかと思ったりもする。

ま、他にも色々な問題はあると思いますけどね。コンセプトって大事ってお話でした。