DTP

印刷でよく使われる紙の種類(コート紙・マットコート紙)

最近紙の問い合わせが多かったので紙の種類を調べました。
他にもいろいろたくさんの紙があるんですが、代表的なものを。
特にコート紙、マットコート紙、上質はどこの印刷会社でもありますね。

コート紙
上質紙をベースに塗料をコーティングした紙です。
安価で写真の仕上がりが良いのが特徴です。
カタログ、フライヤーパンフレットなど幅広く使われています。
※厚みのあるものにはアートポスト紙とも呼ばれています

マットコート紙
コート紙と比べて光沢が抑えられており、落ち着いた、しっとりした雰囲気を演出したい時に使います。
会社案内やパンフレットなど比較的文字が多いものにつかわれます。
色が全体的に沈んだような仕上がりになります。

上質紙
コピー用紙などで使われる表面がざらざらしているのが特徴です。
説明書や書籍チラシなどによく使用されます。

 

ミラーケント紙
強い光沢が特徴のキャストコート紙です。
高級感があり、イラスト、写真、ポストカード等に使われます。

紙はwebと違って一回印刷してしまうと修正がききません。
つめをしっかりとしたいですね。