日常

人生は自分のもの。体と心を壊すぐらいなら逃げればいい!

仕事やってきたよかった瞬間

自分は仕事をするのが好きだと思っていて、働き過ぎたあげく体と心を壊してしまい休職をしました。まさか自分がこんなことになるとは思ってもいませんでした。
土日も平気で会社に行き、誰もいないオフィスで淡々でタスクをこなしていました。
これが当たり前だったし正しいと思ってます。今思うとなぜそこまでやっていたのかと思うくらいです。

仕事こそ第一と思って、これまでやってきました。そんなことは決してなかったです。その仕事をやっていて幸せならばそれでいいでしょう。
でも無理やり自分に言い聞かせてませんか?私はそうでした。
今自分はチャンスだ!やらなければと。

その結果がダメでした。

ほんとに当たり前のことだけど誰だって体も心も壊す可能性があります。
健康第一ですよ!ほんと!