仕事全般

うまい飯を食うための夢と現実のバランス

先日千葉の実家に帰ってきました。
私の実家は千葉県の長柄町というとこで最寄り駅から車でないと帰りません。もちろんネットもつながってません。そんなところでゆっくり静養してきました。

さて今回の「食わず嫌い」をやめたほうがいいというのはこの実家で起こったことです。娯楽がテレビくらいしかないのでボケーっと見ていました。久しぶりにテレビを見ていて金スマが流れてきました。

今回のゲストはEXILE。昔は聞いていたけど今はなんだか聞かなくなってしまったなぁと思いながら番組を鑑賞。

EXILEの初期メンバーが卒業することになり、EXILEを立ち上げた時からのドキュメンタリーのような番組。この立ち上げた人たちはものすごい苦労をしながらここまで這い上がってきたのを見て、最後には思わず泣いてしまいました。本当に下積みの頃からの映像があって現実と夢が入り混じっている内容でした。

特にかつてリーダーだったHIROさんの
「うまい飯を食べるために」というフレーズはとても印象深かったです。

夢の部分を見つつも現実を見なければ食べていけない。そのバランスこそが重要ということを感じました。これを聞くとEXILEの凄さというものを感じることが出来ました。

いつまでも成長し続けるグループなんてない。
それでも5年後、10年後どうするか?というを考えつつ行動する。

本当にこの人達は凄いなと。夢を見ることも大切だし、現実を考えることも大切。うまい飯を食うためにどうするかを考えて行きたいと思います。