顎変形症との闘い8年間~その1 発覚編~

顎変形症の記事がたくさん読まれていたので改めてここで書きたいと思います。治療の参考になれば幸いです。

顎変形症はその名の通り顎の病気です。人によって様々な症状だとは思いますが、私の場合は

受け口(シャクレ)

でした。

遡れば中学生の頃、親知らずの治療が嫌でほおっておいたのが原因かもしれません。中学生まではそんなに受け口ではなかったのですが、高校生になると徐々にシャクレてきます。だいたい上の歯が前に来ると思うのですが、私は上の歯と下の歯が同じくらいの位置にありました。それでも高校生ではそこまで問題なく誰からもそんなことは言われませんでした。

大学生になるとシャクレが加速してきます。どんどんシャクレてくるのと歯並びがめちゃくちゃ悪くなってきました。八重歯は映えるわ、親知らずは放置なので少しづつ力が加わっていきました。ですがこの時も周りからは特に反応もなく、私もそこまで意識してませんでした。

大学生を卒業する直前、就職する企業の内定者懇親会がありました。そこで同期たちとわいわいやっていたのですが、ある1人の同期が酔っぱらって「おい、シャクレ!」と言われました。その時は「なんだようるせぇ笑」くらいに返したのですが、周りもそれに対して笑っており、その時初めて「あ、俺ってシャクレてるんだな」と理解しました。

明るく返していたので周りもなんとも思っていなかったかと思いますが正直めちゃくちゃ辛かったです。こうやっていじられキャラをやらなければならないと思うと嫌な気持ちになりました。同期のみんなは大好きなのですが、このいじられる時間だけはなかなかきつかったです。

病院にいってはじめて病気だといわれる

無事入社し、勤務地は福岡になりました。

しかし、自分はシャクレているということがどうしても頭に引っかかっており、入社してから1か月後、福岡の歯科にいきました。

そこで受け口を相談したところ先生から

「これ、ちょっと病気かもしれんから、大きい病院でみてもらったほうがいいよ」

という事を言われました。

更にへこみました。わかっちゃいたけど改めて言われるときついものです。

そこで私は先生に紹介状を書いてもらい大学病院へ行くことになりました。

顎変形症の手術の様子はこちら

https://w-hy.net/gakuhenkei_1/

フォローお待ちしております。

お問い合わせしてみる

ホームページを作ってみたいけど何からやっていいかわからない?どの業者がいいのかわからない。パソコンで困っていることがある。事務処理が多くて困っているなどなど、少しでも思った方お気軽にお問い合わせください。

2 thoughts on “顎変形症との闘い8年間~その1 発覚編~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。